So-net無料ブログ作成
密かにはまりました ブログトップ
前の10件 | -

うーん・・・と唸ってしまった① [密かにはまりました]

2007年12月から2009年3月まで


週刊現代に連載されていた話を加筆・訂正されて去年の秋に出版された本 上下作


3ヶ月待って やーっと図書館の順番が廻ってきましたきました


柳 美里の作品って 自分自身を描いた作品が多い中 初?の「他人の物語」


 


女子アナウンサー数人の数奇な運命・人生をたどった物語


 


女子アナという ある意味特別な世界を舞台に持ってきているんだけど


とにかく悲喜こもごもが入り混じって 人の弱さ・愚かさが 物語なんだけど妙にリアルに感じてしまう


 


読み進めている中で 


正直 「えー これ 誰がモデルなんだろう?」と余計な想像をしてしまうこともあり


そして この世界を知らないわけではない私にとって 妙に同意や意義を唱えてみたり。。。。


緊張感やスリルを感じながらも 「女」「女性」と言うものに対し


うーん・・・・と唸り 自身に問いかけてしまうこともしばしば。。。。


 


これ まだ一度しか読みきっていないんだけど 


2度3度読み直すと また感じるところが変わる小説だとも思います


 


でもたぶん好き嫌いが分かれそう


 


本当に読みやすい小説です でも ものすごくリアルすぎる部分もある


んまぁ 敢えて 「女子アナ」という究極の世界に舞台を置くことで さらに凄みがあるんだろうけど・・・



オンエア 上

オンエア 上

  • 作者: 柳 美里
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/10/19
  • メディア: 単行本



2010-02-21 22:44  nice!(0)  コメント(0) 

イケメン歓迎♪ [密かにはまりました]

現在昼ドラ枠でドラマ化されて放送中


昼ドラっていうと 愛憎劇どろどろ~とか 家庭話って言うのが多い中


この インディゴの夜は ある意味異質な昼ドラ  そして密かに注目を集めている


 


だってぇ~ 戦隊とか仮面モノ出身のイケメンがずらーり出ているんだもん


                 ・・・・ と 言うものの 私 リアルタイムでこの番組は見られておりませんが


 


クラブインディゴという ホストクラブを舞台にしたお話で 


ドラマでは 1週間で一つの話を完結させると言う これまた 今まで昼ドラにはなかった手法


ストーリー自体も 昼ドラと言うより すっきり単純明快 


 


さあ ここで興味をもったあなたは公式サイトを見てみましょう! → 公式サイト


 


イケメンパワーももちろんなのですが このドラマがおもしろいのは それもこれも 原作である 


このインディゴの夜が 非常に読みやすく リアルを感じながらもスピード感もあって惹きつけられる内容だから


 


この本は このほかに





インディゴの夜 チョコレートビースト ホワイトクロウの2冊 があって

これらの中から いくつかドラマ化されているの

 

原作のホスト軍団は ドラマで 忠実に演じられているもの ちょっと違うなぁ~と言うのもありますが

個人的感想として ドラマのイケメンズ いいです 

原作はもちろん それぞれのもつ個性を生かし このお話を演じてくれてなんかうれしいです

 

 

ちょっと前にあった火曜9時のイケメンシリーズも良かったけど

こちらのイケメンも負けていませんわ

 

あー これいつか 夜の2時間枠でもやってくれないかなぁ~

 

 

このお話 舞台化もされるそうです

 

イケメン万歳

インディゴの夜 (ミステリ・フロンティア)


2010-01-27 01:18  nice!(0)  コメント(2) 

これもかぁ・・・ [密かにはまりました]

漫画が原作のお話が ドラマ化 映画化されることが最近多いなぁ~と思っていたけれど


小説の ドラマ化 映画化というのも まだまだ廃れていないんですね


 


ちょっと前にレビューした 伊坂幸太郎のゴールデンスランバー同様


これも映画化されるんだそうです


 


主役は菅野美穂らしい・・・・


 


チームバティスタの栄光で有名になった 海堂尊のお話


バティスタシリーズとは一線を画しています


 


内容は 今の産科をとりまく実情と生殖医療のお話


ちょっと難しいし 選り好みされそうだけど 問題提起をしつつ 人間ドラマに仕上げています


個人的には あの「ギネ」よりも重いと思う


 


それだけに軽はずみな実写化や脚本化は 個人的にあまり好ましくない


 


さて映画で表現するのかな?


ジーン・ワルツ


2009-12-18 15:21  nice!(0)  コメント(0) 

落しどころはいかに? [密かにはまりました]

この本の続編 「ROMES06 誘惑の女神」の二冊で 


現在毎週木曜日にドラマ放送中


 


関西某アイドルグループの2人が出てるから ミーハーな私は見逃せない


 


ドラマがはじまるまで この作品を知らなかったんだけど


読んでみると 本の厚さの割りに すーっと読めちゃうお話


徐々に加速し ぐんぐん読んでしまう スピード感のあるストーリー展開


個人的には続編の「ROMES06 誘惑の女神」のほうが好きかな?


 


原作を読んでみると ドラマの細かい見えない部分がきゅんと感じられ 見方が変わります


そしてドラマ化されると どうしても 比べてしまいます


主人公の成嶋役 んまぁ 若いけど 彼でいいかなぁ? 雰囲気出てるなぁと思います


あと 梶谷さん(←原作と仕事が違うけど・・・・) そして桜井君


両者は キワモノの役者さんを起用してるから 原作の存在感以上の独特な存在感があるわぁ~


 


ドラマの内容は 


こちらの「ROMES06」は わりぃ~と忠実に描かれているけど


誘惑の女神の方はかなり脚色 省略有り


 


そして 残り二回で 完全に原作から逸脱した感じで


正直 今度の最終回で落しどころをどこにもって行くのかわかりません


 


さて どんな終わり方にするんだろう?


今週木曜日 見逃せませんわ


 


 


 


ROMES06 (徳間文庫)


2009-12-08 18:45  nice!(0)  コメント(2) 

読書の秋 その2 [密かにはまりました]

またまた読書の秋


 


先日みゆちゃまもお勧めだった 


三浦しをんの「まほろ駅前 多田便利軒」をレビューしようかと思ったけど


 


読み終えてみるとこの本もなかなかおもしろかったので こちらを


 


伊坂幸太郎のゴールデンスランバー


ちょっと前に公開された映画 今をときめくイケメン岡田君が主演の「重力ピエロ」と並ぶ代表作


 


でも 重力ピエロの中に潜む重いテーマと複雑な理系思考と違い


こちらのほうはずんずん読み進めれた


台詞にも印象深いものが多かった


 


と 同時に 今の世の中 近未来がもしもそうだったら・・・・ と 思うと怖い


そのとき 私だったらどうするのか?


 


 


有名な映画「逃亡者」と 


それとそれと・・・・ うーん 今 必死?で逃げていると思われる「彼」のこともふと頭をよぎります


 


お勧めです


 


 


 


ゴールデンスランバー


2009-11-09 14:33  nice!(0)  コメント(2) 

走りたくなる [密かにはまりました]

現在映画公開中


 


んまぁ 映画はまだ見ていないのでなんともいえないけど


とにかく これを読むと 無性に走りたくなります


 


 


箱根駅伝を目指す大学生のお話なんだけど


駅伝を知らなくても 走ることに興味がなくても すんなりすいすい読めちゃう本


 


著者の三浦しをんの著述表現もひきつける魅力の一つ?


 


 


彼女はこの本を書くまでに6年間 地道に執筆のための下調べをして臨んだそうです


練習の過程はもちろん 本番の箱根の各地点の描写も細かく


ランナーの成長過程も ちょっと夢物語的な部分もあるけど ものすごく臨場感があって


読み終えると マジに お正月の箱根駅伝 


選手の応援はもちろん その景色を肌で感じたくなると思います


 


 


私は誰かにタスキをつなぐことなく走っているけれど


誰かにつなげる気持ちで走れば 


途中であきらめたりダラケたりせず もっと風に近づけるのかな?


 


 


 


風が強く吹いている


2009-11-04 22:29  nice!(0)  コメント(4) 

今日も飽きずに [密かにはまりました]

夜はプロ野球観戦


いやぁ~ 今日は どのゲームも最後まで目が離せず 最後まで手に汗握る展開だったわぁ


 


そう 特定日を除く 毎晩 チャンネルをあちこち変えながら応援・観戦・声援を送る毎日


 


ただし 私の観戦はパリーグだけ


セは全く興味なし


 


とりあえず 地元球団応援? いや 残念セールに便乗できればいいかなぁ~って程度


そうそう 先日までCS出場決定セールやっていました ありがとう 恩恵頂きました


あとは今月中にもう一度 なにかしらのセールあるだろうから待ってます


 


昨日は地上波で 今期限りで引退する某選手の最後の姿がぶった切られたとかで


放送局に苦情が相次いだらしく。。。。。 


さすが地元 熱い人は熱い  


けど本当に観たいなら 球場行くか 地上波以外で観ようよ


放送延長なんてこの時代 よほどのことがない限りやらないんだから


 


 


・・・・・・って 話は本題に戻って 


「ところでさあ これ なに?」って思った人も多いはず


そりゃそうだ 


だってね まずは このジャケ写のおじさん 


まずは「口の聞き方から勉強してよ」と 毎回思う ボクシング兄弟のパパだもん


 


これはCSの専門チャンネルの野球放送のテーマソングに使われている曲なの


ジャケ写に似合わない とっても ビートのきいたノリの良い曲ですよん


この曲を ほぼ毎日聞いている私の頭の中をぐるぐるヘビロテ中


 


正直プロモよりも この曲に野球のシーンが流れているほうが個人的に落ち着く


そして この曲が流れると 妙にテンションあがっちゃって


「よっしゃ!今日も張り切って応援しますか!」という気分になる


 


 


いやいや それ以外にも 気分をしたいときにもベストだと思います


実際 これで走ると快調だしね


          いや ま 選手も頑張ってるから 私も頑張る!という 個人的妄想もあるんだろうけど・・・・


 


 


と 例年以上に やたらと プロ野球どっぷり状態の私なのでした


ブギーナイト・フィーバー

ブギーナイト・フィーバー

  • アーティスト: キャプテンストライダム,梅田啓介,電気グルーヴ,CHOKKAKU
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
  • 発売日: 2009/05/20
  • メディア: CD



2009-10-01 22:07  nice!(0)  コメント(0) 

けっこー使えます♪ [密かにはまりました]

テレ東系でやっている料理番組「男子ごはん」のムック


 


実はここでは 信じられないんだけど2ヶ月近く遅れて放送されている


・・・そ そーいうのばっかなんだよね ここ


  つまらないローカルやるより 質の良い番組 リアルタイムに放送してくれっつーの


 


ただいま 我が家の 必需番組 


このおかげで私が楽になる  と 思ったら まだまだ甘かった


 


男子ごはん=男の料理ではありません ふつーの人たちがふつーに作るご飯に


ちょっとしたエッセンスが入った家庭料理の本


 


あまりにも普通な料理ばかりなので 見ていても 試してみても楽しいです


 


 


ちなみに これ 楽天やアマゾンで買おうと思ったら増刷待ち


                             来月まで手に入いらず 予約も多数


 


しかーし 近所の本屋に行くと・・・・


 


          山積み


 


 


うーん なんだこれは・・・・


太一×ケンタロウ 男子ごはんの本

太一×ケンタロウ 男子ごはんの本

  • 作者: ケンタロウ
  • 出版社/メーカー: M.Co.(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2009/04/20
  • メディア: 単行本



2009-05-29 15:23  nice!(0)  コメント(2) 

リバイバルするんだろうな・・・ [密かにはまりました]

今日から始まる 抱かれたい男ナンバーワンの彼が主役をつとめる


話題のドラマの主題歌が入っているのがこのアルバム


 


                                ドラマが始まる前にUPしておこーっと


 


Van Halen  の JUMP    番宣でこれが流れてきてびっくりたよぉーん


・・・っつーか なんでこの歌なんだろう?


 


 


超懐かしいアルバム


CDじゃなく レコードの時代のアルバムです


 


イマドキの若者は知らないだろう こんなグループがいたことなんて


当時はすごかったんだぞぉ~


全米1位はもちろん 世界中でヒットになった


確か これでボーカルがチェンジになったはず


 


 


そーいえば 「G○○D LUCK」の時も QUEENをリバイバルさせたよね


これも流行るでしょう 間違いなく


 


もしかしたら 後日 デジタルマスター版でベストアルバムなんか出ちゃうのかなぁ~ 


出たら絶対買いたい   


 


 


 


ドラマも出演者 豪華だねぇ~


ええ もちろん観ますよ


 


 


 


1984

1984

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Warner Bros.
  • 発売日: 2000/10/02
  • メディア: CD



2009-05-23 19:09  nice!(0)  コメント(2) 

公開前に読破 [密かにはまりました]

早々と読みきってしまいました




チームバチスタの栄光に始まる 海堂 尊の 白鳥&田口作品

昨年 このバチスタが映画化 そしてドラマ化されてから一気に人気沸騰したようで・・・・

 

私 「このミステリーがすごい」に選ばれたときから注目してたんです 実は

で 文庫化を待っているうちに あれよあれよと映画化され・・・・

んで ドラマ化もされ・・・・・

 

映像はそれなりにおもしろいし魅力もありますが 是非 小説も読んでみてください

 

で この春 ジェネラルルージュが第二段として映画化されるんだけど

もちろん 原作を読んでもらいたいけど その前に一言

 

これね 一連の流れなの

 

つまり

                    チームバチスタの栄光

 

                                      

       ジェネラルルージュの              ナイチンゲールの

                  凱旋                      沈黙

 

→ ここの2冊 全く同時期 同時進行の全く別の出来事 

           双方リンクしていて お互いの欠けた部分が2冊を読むことでうまくまとまる

 

 

そして その続きとして・・・・・・      

                       螺鈿迷宮

                   イノセントゲリラの祝祭  

                       ジーンワルツ    ってなるはず

 

なので できれば 順序立てて読んでもらうと 登場人物や背景がものすごく理解できて

内容の濃さを一層理解できると思います

 

なので ここでクレームを

今ごろジェネラルルージュを文庫化しないでください!

先にナイチンゲール 螺鈿迷宮を出しておいて 今 ジェネラルだと ちょい頭の整理が必要!

それに ジェネラルの映画の本質とは関係ないんだろうけど ナイチンゲールを読まずして

この本の理解は無理!!!

 

と 力説しておこう

 

 

そして原作の主人公2人は 決してイケメンではありません

なので 次の映画も どう原作をいじって 結末をどう持っていくのか 

私の感動に変わるか はたまた怒りになるか 今から密かに心待ちなのです


2009-01-14 23:20  nice!(0)  コメント(2) 

前の10件 | - 密かにはまりました ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。